【離婚】〜離婚原因3(悪意の遺棄)

  • 2014.10.23 Thursday
  • 15:56
離婚について〜離婚原因3(悪意の遺棄)

民法が定める離婚原因の一つ、「悪意の遺棄」
この「悪意の遺棄」とは、どういう意味なのでしょう?
 
民法752条は、
「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」
と定めています。

すなわち、夫婦には
「同居義務」「協力義務」「扶助義務」があるということです。

そして、これらの義務に、正当な理由なく、違反することが、
「悪意の遺棄」にあたることになるのです。

 
具体的には、
・夫が勝手に家を出て、音信不通となる。
・一緒には住んでいるが、生活費を渡さない。
・生活費を送ってはくるが、一緒に暮らすことを拒否している。
といった状態が「悪意の遺棄」にあたる典型的な場合です。
 
逆にいうと、たとえ別居していても、
仕事上の都合でやむを得ず単身赴任している場合など、
別居に正当な理由がある場合は、「悪意の遺棄」にはあたりません。

 
また、DVに耐えかねて、ある日突然相手には告げずに家を出たという場合も、
家を出た方に非があるわけではないので、正当な理由あり、といえるでしょう。

 
ずっと仮面夫婦で家庭内別居をしていて、ついて家を出た、というような場合も、
家を出る時点ですでに夫婦の関係は壊れていたわけですから、
「悪意の遺棄」にはあたらないでしょう。

 
相談を受けていると、よく「家を出ると(別居をすると)不利になりますか?」
と質問されることがあります。
これは、おそらく家出が「悪意の遺棄」にあたってしまうのではないか、
と心配しているのだと思われます。

 
家出(別居)が「悪意の遺棄」にあたるかどうかは、
家を出る時の状況、家を出るまでの経緯・原因によりますので、
よく専門家に相談してから実行に移した方がいいでしょう。

 
次回は、“別居”に関する問題をとりあげたいと思います。
 
猫
 

湘南茅ヶ崎法律事務所では、女性限定で、
離婚に関する無料法律相談を実施しております。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM